FC2ブログ

séasúr álainn(仮)

東京、ひとりぐらし。生活見直しブログ。
0

美術館へ行こう!

4月になったら、急に出かけたくなってきました。
美術展をチェックしましたので、備忘を兼ねてお勧めします。
ひとりの人物にスポットを当てた展覧会が好きです。ジャンル・時代不問です。
(終了日が早い順に記載、すべて都内の美術館です)

これぞ暁斎! ゴールドマン・コレクション
文化村ミュージアム 4/16(日)まで
暁斎といえば、2015年の三菱一号館美術館での展示が記憶に新しいですね。暁斎のお茶目な絵日記に心わしづかみされた方も多かったのでは。ちなみに弟子のコンドルは、本展覧会ではコンダーという表記になっていました。

暁斎は江戸明治の狭間を生きた人で、伝統と革新を、貪欲に追い求めた人です。絵はとても上手ですが、ユーモアに溢れていて、なんだか楽しくなります。庶民文化を描いた作品も数多くありいろんな側面から楽しめる画家です。

これはすでに観てきましたが、今回は鍾馗(鬼を退治する中国の神)のコーナーがツボに入りました。


雪村 奇想の誕生
東京藝術大学大学美術館 5/21(日)まで
室町後期〜戦国時代の水墨画家です。名前からは雪舟の影響を受けていると思われるのですが、直接の関連はないようです。フライヤーを観る限りでは、"動"の画家という感じで、躍動感に溢れ、水墨画のイメージが変わりそうです。

藝大美術館はよく行く美術館で、今回は特別展ですが、たまにある所蔵品展もお勧めです。天下の藝大。さすがにいいもん持ってます(笑)。


草間彌生 わが永遠の魂
国立新美術館 5/22(日)まで

国立新美術館は今10周年なんですね。今気づきましたが、月曜ではなく火曜が定休日なんですね。めずらしいです。展示の導線が悪かったりと、あまり気に入らないことの多い美術館ですが、日本が世界に誇る現代アーティストの大掛かりな展示ということで、是非とも行っておきたい展覧会です。


ミュシャ展
国立新美術館:6/5(月)まで
幻想的で洗練されたデザインで、日本でもかなり有名でファンも多いミュシャですが、今回は「スラヴ叙事詩」という晩年の大作シリーズを全20点まとめて世界初公開するそうです。サイトを見る限りでは、その他の作品があるのかは不明でした。作品数が多い画家なので何かしらありそうですが。

実は昔大規模なミュシャ展に行って、あまりに満腹になってその時は、もう一生観なくてもいいかも・・・と思ったのですが、今回のミュシャ展のポスターを観たら俄然行く気になりました。草間彌生と合わせて行くしかないですね(夜、うなされそうです)


N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅
森美術館:6/11(日)まで
インドの現代アーティスト、N・S・ハルシャを取り上げています。森美術館の現代アートの展示はあまり外れがないのでお勧めです。インド文化に触れられるいい機会でもあります。


大英自然史博物館展
国立科学博物館:6/11(日)まで

美術館ではないですが、たまに行く科学博物館もなかなか楽しいですね。前回はもやしもんの展示で行きました(笑)。菌類の世界は思いのほか楽しかったです! あ、そういえばダイオウイカも行きました。

”大英自然史博物館”というだけでなんとなくワクワクしてしまいます。何が来るかは行ってみてのお楽しみですが、目玉は始祖鳥の化石です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
0

連休の過ごし方

東京砂漠に暮らしているもので・・・、旅行先で久しぶりにつくしを見つけました。

201605_03.jpg

インプット:7つの習慣

初日はスイッチが入って、猛烈に片付けました。はあ、すっきり。

連休前半は実家に帰ってゴロゴロしてきたら、肌がツヤツヤになりました(笑)。
まんがでわかるシリーズが山積みになっていたので、7つの習慣とか、カーネギーとか読み漁ってきました。たまにこういう本を読むと、テンションが上がるし、勉強になります。

7つの習慣は元の本の方も流し読みしてきましたが、マンガの方が分かりやすくて、きちんと要所が押さえられているのでいいかも。そして出てくる男性が皆イケメンすぎ(笑)。主人公の師匠、バーのマスターの過去になにが・・・!?(笑)

ビジネスを念頭に置きつつも、もう少し広い場面でのコミュニケーションの基本が書かれているという印象です。人の話を良く聞く、自分が正しいと思い込まない、相手の求めているものを与える等、内側からのアプローチが中心なのがいいと思いました。

自分が正しいとは限らない、今あることは自分の行動と選択の結果である、というのは肝に命じておかねば。

4800215315まんがでわかる 7つの習慣
フランクリン・コヴィー・ジャパン
宝島社 2013-10-11

by G-Tools


インプット:スポットライト(映画)→公式HP

アメリカ、ボストングローブ紙の”スポットライト”というコーナーで、キリスト教神父による児童虐待について追った記者たちの実話に基づくドラマ。

個人的には現象からの視点が織り込まれていたのが興味深かったです。悪を暴いて断罪する。それだけに終始してしまいそうだけれど、もう一歩引いてみると、虐待を生みやすい構図があり、隠蔽しやすいシステムがそこにある。大きな悪循環に少しずつ皆関わっていて、そこにそれぞれの苦悩があり、良心があり、保身があり、そうして生まれ続ける現象としての虐待があったということ。

大勢の視点で描かれているので、さほどドラマティックな展開はありませんが、全体として、個々として、マクロミクロ両方の視点から観て行くと非常に考えさせられる作品だと思います。記者たちの最初の距離感から、事態の大きさに戦慄し、これは決して自分と無関係なところで起きていることではないと認識していく部分が印象的でした。

連休後半はクラシック!

ご存知の方も多いと思いますが、今年もクラシックの祭典ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016が開催されています。無料のイベントや当日券もありますので、今からでも大丈夫。

1演目45分、1500円から。赤ちゃんOKの演目もあります。←泣いちゃっても大丈夫です。大泣きした場合は、一時的に外に出た方がいいみたいですが、赤ちゃんを抱えてパパママが走り回っているのも微笑ましくてよいです(笑)

ゆっくり聴きたい方は、対象年齢を確認して購入されるとよいですが、基本的にはゆるやかなイベントです。

初心者のクラシックの楽しみ方
私もほぼ初心者ですが、まずは知っている曲を選ぶこと。これ大事。超有名な曲、フィギュアで使用されている曲などがオススメです。個人的にはオーケストラがいいかなと思います。室内楽やソロは以外と聴き方が難しいです。

主催者オススメの演目、とくに一見バラバラな演目が組み合わされているものもオススメです。飽きずにいろいろ楽しめますし、アーティストや演目の紹介をしてくれる場合もあります。

2回目からは、気に入ったアーティストや楽団、作曲家などを中心に組んでいくと楽しみが広がります。お気に入りのアーティストが見つかれば、別の機会に来日したときに聴きに行くのもオススメです。ラフォルジュルネは若手が多いので、ソロで来日しても比較的安価な価格で聴くことができます。

ラフォルジュルネには一日ぶっ通しで聴き続けるお得な一日券もあるのですが、これは体力勝負。で、ケチらず一番いい席にしましょう。安い席だと5階とかになるので、移動だけで死にます。あと、ずっと同じ席なので、運悪く隣の席の人がタバコ臭くて閉口したことがあります。おおらかな気持ちで参加するのが吉。

クラシックって難しいとか眠くなるイメージもあるかもしれませんが、猛烈に感動することもあります。素晴らしい演奏に、素晴らしい観客。すべてが一体になって作り上げる一瞬というものがあります。いつもとは行きませんが、そういう一瞬に出会えたら幸せですね。

あとは国際フォーラムのところに屋台がたくさん出るので、あんまり座れませんが(毎年思うけど椅子増やして欲しい)、行楽がてら、冷やかし程度に遊びに行くのもいいかもしれません。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

参加中
 トラコミュ:暮らしの見直し
 トラコミュ:片付けて プチストレスをなくしていく
 トラコミュ:収納・片付け
 トラコミュ:一人暮らし
 
トラコミュ:押入れ~クローゼットの収納
 トラコミュ:ビフォー・アフター
 トラコミュ:少ない服で着回す


0

初心に還ること

仕事に私生活にとにかく忙しすぎてぼろぼろ・・・。
そもそも多忙ななかでもしっかり暮らしていくことを目標として片付けを進めていたのに、逆行して家の中もぐちゃぐちゃになりました。

どんなに忙しくてもきちんとしている人でありたいです。
でもがんばったよ!(自分のこと以外は・笑)
というわけで、忙しくても生活を乱さずに暮らせるよう、見直していきたいと改めて思いました。

さて、年始に今年の目標を立ててみたものの、ほったらかしにしていたので、改めて書き残しておこうと思います。
※ちなみに、今のところほとんど実行できておりません・・・。

20160423.jpg
10年ぶりぐらいにデジカメを買い替えました。機種はLumixGM1S、一眼です。無印の公園時計を試し撮りしてみました。

2016年はこう過ごしたい

調子をととのえる

風邪を引かずに過ごしたいのはもちろん、今年は肌ケア・ヘアケアもきちんとしたいです。でもまず基本はこの2つ。
①日付が変わらないうちに寝る
②なるべく自炊する


自炊は週末作り置きがどれだけできるかが鍵かも。

積極的にインプット・アウトプットする

生活に関する情報だけでなく、本や映画、ジャンルを問わずいろいろ体験したいです。
①小説を含めた芸術全般に関心を持つこと
②アウトプットしていくこと


これはもう、いかに時間をひねりだすか。とにかく脳をもっともっと活性化させたいです。

少し先のことを考えてみる

そろそろ中長期的な視点がほしいところ。
①そろそろ結婚を意識してみる(笑)
②英語を勉強する
③お金を貯める


お正月に目標を立てた時点では想像していませんでしたが、まさかの昇給がありましたので、これはもう②③は本格的にやるしかないかな、と。基本すぐにだらけてしまうタイプなので、来年夏〜秋ぐらいに1人で海外旅行に行くことをひとつのゴールに設定しました。

1

はじめまして

ひとり暮らしを始めてはや10年。
現在3度目(実家→1DK→1ルーム(ロフト付)→1DK)の引越の準備中です。
引越しすぎ。

この10年で物が増え、物の管理にずいぶん無駄な時間を使っているような気がします。
この引越を機に、物だけではなくて、少しずつ暮らし全体を見直していきたいと思っています。
あまりオシャレでもストイックなタイプでもないので、ほどよい落としどころを探していくつもりです。

ブログタイトルは追って考えます。。。

IMG_1784.jpg



このカテゴリーに該当する記事はありません。
« TOP »